09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

トマトの様子

2013/03/21
ハウストマトの現状ですが、全体的に 『 まずいなぁ~~~^^; 』 という感じです。


1362814240280.jpg

これはりんかという品種の大玉トマトですが、木が暴れた上に下葉が枯れてきました。肥料過多が原因でややこしい病気になっている様子・・・


1362814289057.jpg

幹が茶色に変色しはじめているので、調べてみると 『 サビダニ 』 が原因らしく、このままではろくに収穫もできず、収穫できても味がさっぱり・・・


1362814402971.jpg

まずい・・・


1362814687250.jpg

まずいまずい・・・


20130309_162703 (408x306)

щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!


20130309_162755 (408x306)

こちらは下葉はまだ残っています。病気ではありませんが葉がくるくると・・・よほど土に肥料が残っているらしい・・・ただ黄化葉巻病ではありません。


1362814063347.jpg

実がついていることはついています。


1362814219019.jpg

それでもやはりなんとかしなければ・・・ウチは無農薬栽培なのでどんな病気だろうが害虫だろうが、一切薬は使わない・・・とにかく何がなんでも無農薬!!!!が信条なので、とりあえずこのまま見ているしか方法がありません・・・

ただ、なんぼなんでもただ見ているだけ・・・では芸がないと思い・・・


1362814184963.jpg

よぉ~~~~~っしゃっ!!!!こうなったらあの手を使うしかないっ!!!!


1362894058190.jpg

北ハウスに竹チップを漉き込んだように、こっちも思い切って株元に漉き込んで肥料濃度を下げてやれっ!!!というわけでトマトの株元にせっせと溝を掘り・・・



20130310_143747 (408x306)

トマトの根が多少切れますがそんなことはおかまいなく、どんどん溝を掘って・・・


1363060668298.jpg

竹チップを投入・・・このあと土と混ぜ合わせてできあがり^^

これで多少肥料濃度は下がってくれるはずです。それでもこのままでは何か・・・基本的な何かが違うような感じがします。


20130313_113235 (408x306)

元気な株もあるのですが、一度最初からハウストマトの考え方を見直してみる必要がありそうです。

去年は何もしなくてもちゃ~~~~~~んとできたのに、本格的にはじめたらいきなり黄化葉巻で全滅、今度はサビダニ大発生・・・

去年と今年では何かが違う・・・やはり何かがおかしい・・・

う~~~~~~~~~~~~~~~む・・・・


つづく・・・
スポンサーサイト
03:57 ハウス | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
イネ科で肥毒抜き
病気や虫害が発生するということは「正常」なことで、自然の摂理です。まだ、人間が食してはいけないというサインです。

竹チップを埋め込んでも、効果は限定的でしょう。肥毒を抜き、バクテリアを大繁殖させなければなりません。

本来は、このような状態の悪い畑は1年目は作物を植えず、ライ麦などイネ科の植物(ライ麦は地中深くまで根を張る)に毒抜きをしてもらい、肥毒層を破壊しなければなりません。

その後、炭素資材とEM菌、米ぬかかコーヒーかすでバクテリアによる土の浄化と豊穣化をはかるのが良いと思います。

中途半端なやり方では、土の清浄化が進まないと思います。
No title
耕作さん

貴重なご意見をありがとうございます。

土作りを最優先させるなら、耕作さんのおっしゃるとおりだと思います。

また、土作りがいいかげんならば、できる作物もそれなりになってしまうことでしょう。

私も何度も最初からやり直し・・・を考えましたが、去年はしっかりできた・・・というところがどうも気になっていろいろ考えた結果、リセットしないでトマトを栽培しながらなんとかしてみよう・・・そういうやり方にチャレンジしてみよう・・・と思うようになりました。

上手く行けばいいのですが^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。